フェキソフェナジン塩酸塩錠の効果と副作用

2016.4.4 アレグラ

フェキソフェナジン塩酸塩錠は、2000年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬アレグラ錠のジェネリック医薬品になります。2013年から発売となっています。

フェキソフェナジン錠といわれるとピンと来ないかもしれませんが、アレグラ錠といわれると多くの方がご存知かと思います。「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。花粉症をはじめとしたアレルギー疾患に使われているお薬です。

2012年からは、アレグラFXとして市販薬としても売られています。2016年は嵐の大野智さんのCMの影響もあり、アレグラFXはドラッグストアなどで爆発的に売れています。

ジェネリックのフェキソフェナジン錠は、市販で正式ルートにより購入することはできませんので、病院で処方してもらう必要があります。剤形としては30mg錠・60mg錠の他に、口の中に入れたら自然に溶けるタイプの60mgOD錠の3種類があります。

ここではフェキソフェナジン塩酸塩錠について効果や副作用の特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。


アレグラは妊娠中や授乳中でも大丈夫?

2016.3.26 アレグラ

アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬として、様々なアレルギー性疾患で使われることがあります。最もよく使われているのが、花粉症の治療薬としてです。

花粉症の季節が訪れると、花粉を避けることはできません。女性は妊娠中や授乳中であっても、花粉とはかわりなく戦わなければいけません。

花粉予防が何よりも大事なのですが、お薬を使えるかどうかも気になるところだと思います。

アレグラは妊娠に影響がないでしょうか?
妊娠中にアレグラを服用しても大丈夫でしょうか?
授乳中にアレグラを服用しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなアレグラの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

2016.3.25 アレグラ

アレグラは、花粉症治療薬としてよく使われているお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬に分類されていて、アレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。

アレグラは、錠剤としては30mgと60mgの2つ剤形が発売されています。それ以外にも、小児用にドライシロップやアレグラOD錠も発売されています。

アレグラは発売から年月もたっているので、フェキソフェナジン錠というジェネリック医薬品が2013年より発売となっています。さらにアレグラは、市販薬としてアレグラFXも発売されています。

ここでは、アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価や効果・副作用を比較していきたいと思います。

アレグラの効果について詳しく知りたい方は、「アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の効果と特徴」をお読みください。


アレグラは蕁麻疹にどのように効くのか

2016.3.22 アレグラ

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてアレグラは、広く処方されています。

アレグラは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、アレグラは眠気が少ないお薬です。このためアレグラは、市販薬(アレグラFX)としても発売されているお薬です。

ここでは、アレグラの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


アレグラとの飲み合わせで注意するもの

2016.3.21 アレグラ

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

花粉症の薬としては、2016年では売り上げナンバーワンを誇っているお薬です。2012年からは、アレグラEXとして市販薬としても売られています。

多くの人が花粉症の時期にアレグラを内服していますが、他のお薬やアルコールと併用して大丈夫?と疑問に思う人も多いかと思います。

ここでは、第二世代抗ヒスタミン薬アレグラの飲み合わせで注意するものは何か、お伝えしていきたいと思います。


アレグラの副作用と安全性

2016.3.20 アレグラ

アレグラは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、アレグラは第二世代の中でも少ないです。

アレグラは、多くの方が花粉症の治療薬として手放せないお薬になります。最近は市販薬としてアレグラFXも登場しました。市販薬として気軽に買えるお薬ですが、副作用は大丈夫なのでしょうか?そもそも安全なのでしょうか?気になるところですよね。

ここでは、アレグラの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


アレグラ錠の効果と特徴

2016.3.19 アレグラ

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)は、2000年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

花粉症の薬としては、2016年では売り上げナンバーワンを誇っているお薬です。2012年からは、アレグラFXとして市販薬としても売られています。2016年は嵐の大野智さんのCMの影響もあり、アレグラFXはドラッグストアなどで爆発的に売れています。

アレグラは医師から処方される場合は、30mg錠・60mg錠の他に、60mgOD錠として口の中に入れたら自然に溶けるタイプの3種類があります。市販薬はアレグラFXとして、60mgが市販されています。

ここではアレグラについて効果と特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。