ジルテックの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

2016.5.18 ジルテック

ジルテック錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売された蕁麻疹や花粉症に使われる抗ヒスタミン薬になります。

現在は眠気の成分だけを取り除いたザイザルが2010年に発売されたため、ジルテックが処方されることは少なくなりました。

しかしジルテックは昔からある薬のため、ジェネリック医薬品であるセチリジン塩酸塩錠が発売されています。さらには市販薬として、コンタック鼻炎Z・ストナリニZ・コンタック600プラスなどにも有効成分として含まれています。これらは第1類医薬品のため、薬剤師がいるドラッグストアや薬局で購入が可能です。

抗ヒスタミン薬はアレグラやアレジオンなども市販薬で発売されています。市販薬の中では、ジルテックの市販薬は効果が強いという特徴があります。その反面、眠気も強くなってしまいます。

ここではジルテックの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価、効果や副作用を比較していきたいと思います。


ジルテックの副作用と安全性

2016.5.17 ジルテック

ジルテックは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬です。現在はこのジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、ジルテックに代わって処方数が増加しています。

ただしジルテックで眠気がない方は、あえてザイザルに変更する必要はないと思います。ジルテックは眠気を除けば、全体的に副作用も少なく安全性の高いお薬と言えます。

ここでは、ジルテックの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


ジルテックは蕁麻疹にどうやってきくの?

2016.5.15 ジルテック

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてジルテックは、広く処方されています。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、花粉症にはよく使われるようになりました。

しかし夜の蕁麻疹などでかゆみが強くて眠れない時は、この眠気の副作用を逆手にとって使われることもあります。就寝前にジルテックを服用すれば、睡眠につきやすくなります。

 ここでは、ジルテックの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


セチリジン塩酸塩錠の効果と副作用について

2016.5.9 ジルテック

セチリジン塩酸塩錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売されたジルテックのジェネリック医薬品になります。

セチリジンはアレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できる抗ヒスタミン薬です。具体的には花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患に使われています。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。セチリジンも効果が強いために、眠気が強くなる抗ヒスタミン薬です。

現在はこの眠気の成分だけを取り除いたザイザルが同じグラクソ・スミスクライン社から2010年に発売されたため、セチリジンが処方されることは少なくなりました。しかし2016年の時点ではザイザルは新しいお薬のためまだジェネリック医薬品が登場していません。

ここでは、ジルテックのジェネリック医薬品であるセチリジン錠の効果と特徴について詳しくみていきたいと思います。


ジルテック錠の効果と特徴

2016.4.29 ジルテック

ジルテック錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売された抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。具体的には花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患に使われています。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ジルテックも効果が強いために、眠気が強くなる抗ヒスタミン薬です。

現在はこの眠気の成分だけを取り除いたザイザルが同じグラクソ・スミスクライン社から2010年に発売されたため、ジルテックが処方されることは少なくなりました。しかし昔からなじみがあって、使い続けている方もいるかと思います。

ここでは、ジルテック錠の効果と特徴について詳しくみていきたいと思います。