サールツー錠の効果と副作用

2016.12.4 カロナール
Pocket
LINEで送る

サールツー錠は、ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序であるアセトアミノフェン系解熱鎮痛剤カロナールのジェネリック医薬品です。安全性が高い解熱鎮痛薬として、幅広い方に使用されています。

注意が必要なのは、サールツーなどの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

安全性が高いし便利だろうということで安易にサールツーに頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあるのです。

サールツーはジェネリック医薬品として数多く処方されていますが、価格は先発品のカロナールと変わらないです。

ここでは、サールツーの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


カルジールの効果と副作用

2016.11.27 カロナール
Pocket
LINEで送る

カルジールは、ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序であるアセトアミノフェン系解熱鎮痛剤のジェネリック医薬品です。安全性が高い解熱鎮痛薬として、幅広い方に使用されています。

注意が必要なのは、カルジールなどの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

安全性が高いし便利だろうということで安易にカルジールに頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあるのです。

カルジールはジェネリック医薬品として数多く処方されていますが、価格はカロナールと変わらないです。

ここでは、カルジールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


コカール錠の効果と副作用について

2016.11.18 カロナール
Pocket
LINEで送る

コカールは、ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序であるアセトアミノフェン系解熱鎮痛剤のジェネリック医薬品です。安全性が高い解熱鎮痛薬として、幅広い方に使用されています。

注意が必要なのは、コカールなどの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。安全性が高いし便利だろうということで安易にコカールに頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあるのです。

コカールはジェネリック医薬品として数多く処方されていますが、価格はカロナールと変わらないです。

ここでは、コカールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


アセトアミノフェン錠の効果と副作用

2016.11.15 カロナール
Pocket
LINEで送る

アセトアミノフェンは、ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序を持ちあわせてたアセトアミノフェン系のジェネリック医薬品です。安全性が高い解熱鎮痛薬として幅広い方に使用されています。

注意が必要なのは、アセトアミノフェンなどの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。安全性が高いし便利だろうということで安易にアセトアミノフェンに頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあるのです。

アセトアミノフェンはジェネリック医薬品として数多く処方されていますが、価格はカロナールと変わらないです。

ここでは、アセトアミノフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


カロナールの副作用と安全性

2016.11.12 カロナール
Pocket
LINEで送る

カロナール(一般名:アセトアミノフェン)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。カロナールは昔はNSAIDsに属していましたが、今は全く別の機序で痛みや発熱を抑えていることが分かってきています。

カロナールは、多くの点で見直されているお薬になります。カロナールは安全性が高いお薬と考えられていていますが、効果もマイルドといわれてきました。しかしながら十分量使えば、しっかりとした効果も期待できるお薬です。

日本の添付文章では少ない用量までしか使えませんが、これはカロナールの肝機能への悪影響を考えてのことです。近年ではカロナールの肝機能障害についての考え方も見直されてきて、定期的に採血をして確認をすれば、高用量でも問題がないのではという考えになりつつあります。

ここでは、カロナールを正しく使用するために、カロナールにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


カロナール錠(アセトアノミフェン)の効果と特徴

2016.11.2 カロナール
Pocket
LINEで送る

カロナール(一般名:アセトアミノフェン)は、1984年に昭和薬科より発売された解熱鎮痛薬です。ロキソニンなどのNSAIDsとは別の作用機序を持ちあわせており、安全性が高い解熱鎮痛薬として幅広い方に使用されています。

注意が必要なのは、カロナールなどの解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。安全性が高いし便利だろうということで安易にカロナールに頼っていると、思わぬ重篤な病気が隠れている可能性もあるのです。

ここでは、カロナールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。