ネオペリドールの効果と副作用

2015.11.22 セレネース

第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)のセレネースには、持続性注射剤が発売されています。大日本住友製薬からはハロマンス、ヤンセンファーマからはネオペリドールが発売されていますが、どちらも同じお薬です。1回注射をすると、しばらく効果が持続してくれます。

ネオペリドールは、4週間に1回の注射で効果が持続します。お薬の飲み忘れが防げるだけでなく、副作用も軽減されています。そこまで注射に抵抗がなければ、服薬の手間も省けて安定した効果が期待できます。

ここでは、ネオペリドールの効果と副作用を中心に、メリットとデメリットに分けて特徴をお伝えしていきたいと思います。


ハロマンスの効果と副作用

2015.11.21 セレネース

第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)のセレネースには、持続性注射剤が発売されています。大日本住友製薬からはハロマンス、ヤンセンファーマからはネオペリドールが発売されていますが、どちらも同じお薬です。1回注射をすると、しばらく効果が持続してくれます。

ハロマンスは、4週間に1回の注射で効果が持続します。お薬の飲み忘れが防げるだけでなく、副作用も軽減されています。そこまで注射に抵抗がなければ、服薬の手間も省けて安定した効果が期待できます。

ここでは、ハロマンスの効果と副作用を中心に、メリットとデメリットに分けて特徴をお伝えしていきたいと思います。


セレネース注射液(点滴・筋注・静注)の効果とは?

2015.11.20 セレネース

セレネースは、古くからある第一世代(定型)抗精神病薬です。

主役の座は第二世代(非定型)抗精神病薬に譲りましたが、今でも切り札として使われるお薬です。セレネースには注射液が発売されていますが、これは点滴ができる唯一の抗精神病薬の注射剤になります。お薬を自分で服用できない時には重宝されるお薬です。

セレネースの注射にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、セレネースの注射の効果と実際の使い方について、お伝えしていきたいと思います。


セレネースの半減期と作用時間とは?

2015.11.19 セレネース

セレネースは、第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)に分類されます。おもに統合失調症の治療薬として使われています。

セレネースの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。セレネースは最高血中濃度到達時間5.1時間・半減期51.6時間です。1日1回の服用でも効果は期待できますが、副作用を軽減するために1日2~3回で服用することが多いです。

ここでは、セレネースの半減期と作用時間について、詳しくみていきたいと思います。


セレネースの副作用(対策と比較)

2015.11.18 セレネース

セレネースは、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。

第二世代抗精神病薬に比べると副作用が多いので、現在では使われることが減ってきています。しかしながら、セレネースは効果が強力で、点滴もできるという特徴から、現在でも統合失調症の治療で使われることも少なくないお薬です。

セレネースの作用の特徴としては、ドパミン遮断作用にピンポイントにしぼったお薬という点です。このため、ドパミン系の副作用が目立つお薬です。

ここでは、セレネースの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


セレネース錠の効果と特徴

2015.11.17 セレネース

セレネース錠は、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。おもに統合失調症の治療として使われています。

現在では、改良された第二世代抗精神病薬が使われることが多くなり、セレネース錠が使われることも少なくなってきました。ですが、確実な効果が期待できるので、現在でも切り札として使われているお薬です。

ここでは、セレネース錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


リントン錠の効果と副作用

2015.11.2 セレネース

セレネース錠は、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。そのジェネリックとして、リントン錠が1978年から発売されています。おもに統合失調症の治療として使われています。

現在では、改良された第二世代抗精神病薬が使われることが多くなり、リントン錠が使われることも少なくなってきました。ですが、確実な効果が期待できるので、現在でも切り札として使われているお薬です。

ここでは、リントン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


ハロステン錠の効果と副作用

2015.11.1 セレネース

セレネース錠は、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。そのジェネリックとして、ハロステン錠が1978年から発売されています。おもに統合失調症の治療として使われています。

現在では、改良された第二世代抗精神病薬が使われることが多くなり、ハロステン錠が使われることも少なくなってきました。ですが、確実な効果が期待できるので、現在でも切り札として使われているお薬です。

ここでは、ハロステン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。


ハロペリドールの副作用(対策と比較)

2015.10.31 セレネース

ハロペリドールは、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)セレネースのジェネリックです。

第二世代抗精神病薬に比べると副作用が多いので、現在では使われることが減ってきています。しかしながら、ハロペリドールは効果が強力で、点滴もできるという特徴から、現在でも統合失調症の治療で使われることも少なくないお薬です。

ハロペリドールの作用の特徴としては、ドパミン遮断作用にピンポイントにしぼったお薬という点です。このため、ドパミン系の副作用が目立つお薬です。

ここでは、ハロペリドールの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


ハロペリドール錠の効果と特徴

2015.10.31 セレネース

ハロペリドール錠は、1964年に発売された第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)セレネースのジェネリックです。おもに統合失調症の治療として使われています。

現在では、改良された第二世代抗精神病薬が使われることが多くなり、ハロペリドール錠が使われることも少なくなってきました。ですが、確実な効果が期待できるので、現在でも切り札として使われているお薬です。

ここでは、ハロペリドール錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。