不安神経症の方への家族の接し方のポイント

2016.7.24 全般性不安障害

不安神経症はかつて使われていた病名で、現在の診断基準では全般性不安障害となる患者さんが多いです。

日常生活での慢性的な不安が絶えず、ささいなことを心配してしまう病気です。ですからともに生活する家族は、患者さんの心配と一緒に暮らしていかなければいけません。

家族から見ると、「細かなことを気にしなくてもよいのに…」と思っても、その内容は「誰にでもある不安」です。ですから不安神経症という病気と思わず、性格と感じてしまうことが多いです。

このような不安神経症の患者さんに対して、家族もどのように接したらよいのかわからなくなってしまうことも多いです。よく外来でも、「良い接し方と悪い接し方を教えてください」と聞かれることがあります。

ここでは、不安神経症の患者さんに対してどのように接したらよいのか、お伝えしていきたいと思います。


不安神経症で悩んでいる方へ、仕事での対処法

2016.7.23 全般性不安障害

不安神経症はかつて使われていた病名で、現在は正式な病名ではありません。現在の診断基準では、全般性不安障害と診断されることが多いでしょう。

不安神経症の患者さんは、日常生活のささいなことで不安や心配がつきない病気です。不安や心配が心を占めてしまって、目の前のことに集中できなくなります。仕事が手につかなくなってしまったり、心配ごとで眠れなくなったりします。

また、仕事でのささいなことが気になってしまいます。何度も細かなところをチェックしてしまって、仕事が円滑にすすまなくなってしまいます。周りの人に細かなことを質問してしまって、人間関係がギクシャクしてしまうこともあります。

周囲からは「神経質な性格」と誤解をうけやすく、本人も自分の性格の問題と片付けてしまうことが多いです。

ここでは不安神経症を悪化させないために、仕事で注意すべきポイントをお伝えしていきたいと思います。


不安神経症を完治・克服するために!不安神経症に有効な薬と治療法

2016.7.22 全般性不安障害

不安神経症は、現在では正式な病名としては使われていません。ご年配の先生が診断することが多いですが、現在の診断基準で言えば全般性不安障害の患者さんが多いです。

日常生活の様々な出来事に過剰に不安や心配を感じてしまって、生活に支障がでているような患者さんが不安神経症と診断されます。

現実では起こっていないことを不安に感じてしまったり、ささいなことが気になって頭から離れなくなってしまいます。このために目の前の仕事や学業、家事などに集中できなくなったり、ストレスが心身の症状につながってしまいます。

不安神経症を完治・克服していくためには、薬物療法と精神療法を組み合わせていくことが大切です。ここでは、不安神経症に有効な薬と治療法について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


不安神経症ではどのような症状が生じるのか

2016.7.20 全般性不安障害

不安神経症は、現在では正式な病名としては使われていません。かつては不安障害全般をさす呼び方でしたが、その使いやすさから今でも診断名として使われることが多いです。

不安神経症と診断される患者さんは、慢性的な不安が強いことが多いです。現在の診断基準で言えば、全般性不安障害に近い患者さんが多いかと思います。

パニック障害や社交不安障害などの特徴的な不安症状が認められることもありますが、日常生活でのささいなことに不安になったり心配になったりすることが多いです。

そのような症状なので、「心配性」や「神経質」として片づけられてしまうことも少なくなく、本人も性格の問題と思い込んでいることもあります。

しかしながら不安神経症は、不安や心配が慢性的に持続し、ストレスから身体症状や精神症状が生じる病気です。とりとめもない不安や心配に絶えず悩まされているので、非常につらい病気です。

不安神経症の患者さんは、このような慢性的な経過の中で様々な精神疾患を合併します。ですから、不安神経症の症状を知って、早くから治療につながることが大切です。

ここでは、不安神経症の症状について詳しくお伝えしていきたいと思います。


不安神経症をセルフチェックする4つのステップと心理検査

2016.7.19 全般性不安障害

今でもよく診断される不安神経症ですが、実のところ、現在は正式には使われない病名となっています。

不安神経症は、不安障害が今のように細かく分類されていなかった時代に、病的な不安である急性不安と慢性不安をひっくるめた病気として診断されてきました。

急性不安は特徴的なので診断もつけやすいのですが、慢性不安はどのような病気でも認められるので診断も難しいです。

今日において不安神経症という診断をつけられるときには、慢性不安が強い患者さんに対してになります。現在の診断基準でいえば、全般性不安障害の患者さんが多いのです。

ここでは、全般性不安障害の診断基準を参考に、不安神経症をチェックしてみたいと思います。不安神経症と診断するべき「病的な不安」かどうか、セルフチェック出来るように試みました。

そして最後に、不安神経症の診断に役立つ心理検査をご紹介していきます。ひとりでも多くの方の気づきになればと思います。


不安神経症とは?不安神経症の診断の実際

2016.7.18 全般性不安障害

実のところ不安神経症という病気は、現在は正式な病名としては使われなくなっています。

不安神経症は昔に使われていた病名で、急性不安と慢性不安の両方をひっくるめた病気でした。しかしながら現在では、不安神経症というと慢性不安が中心の患者さんが診断されることが多いと思われます。

不安は本来あってしかるべきものなのですが、過剰になると日常生活に支障をきたすような病的な不安になります。現在の診断基準では、全般性不安障害と診断されます。

どうして正式な診断基準でない「不安神経症」が未だに使われているのでしょうか。ここでは、不安神経症についてお伝えし、不安神経症の診断基準(全般性不安障害)について詳しくお伝えしていきたいと思います。


全般性不安障害を完治・克服するには?全般性不安障害の治療法

2016.7.15 全般性不安障害

全般性不安障害は、日常生活の様々な出来事に過剰に不安や心配を感じてしまって、生活に支障がでるほどに苦しむ病気です。

現実では起こっていないことを不安に感じてしまったり、ささいなことが気になって頭から離れなくなってしまいます。このために目の前の仕事や学業、家事などに集中できなくなったり、ストレスが心身の症状につながってしまいます。

このような漠然とした不安が尽きない苦しい病気なのですが、ハッキリとした特徴がないために病気とみなされないことが多いです。「自分は心配性なだけ」「もともと神経質だから」といったように、本人も周囲も性格の問題と片付けてしまうことが少なくありません。

こうして発症から時間がたってしまうことが多く、全般性不安障害の症状が重くなってしまいます。どのような病気にもいえることですが、早期に治療した方が克服しやすいです。精神科や心療内科の病院やクリニックに受診するのは抵抗がある方も多いですが、それが治療の第一歩になります。

ここでは、全般性不安障害を完治・克服するための治療法について詳しくお伝えしていきたいと思います。


全般性不安障害に有効なお薬とは?全般性不安障害の薬物療法

2016.7.14 全般性不安障害

全般性不安障害とは、日常生活での様々なことに対して過剰に不安や心配をしてしまう病気です。

心配性や神経質といった性格の問題と誤解してしまったり、ストレスからくる症状から身体の問題と考えてしまって、なかなか治療につながらない病気です。

このため全般性不安障害は、長い苦しみの中で少しずつ悪化していってしまうことが多いです。ストレスから、様々な合併症を生じることも多いです。

全般性不安障害の患者さんは、しばしば医療に対しても不安や心配を感じてしまいます。このため、なかなかお薬を服用してくれない患者さんもいますが、全般性不安障害ではお薬による治療もとても大切です。

ここでは、全般性不安障害で使われるお薬についてお伝えし、効果ももちろんですが副作用についても詳しくお伝えしていきたいと思います。


全般性不安障害(不安神経症)はどのような原因で生じるのか

2016.7.13 全般性不安障害

全般性不安障害(GAD:Generalized Anxiety Disorder)とは、日常生活に不安や心配がつきなくなってしまう病気です。

かつては不安神経症と呼ばれていた病気で、今でも不安神経症と診断される患者さんもいらっしゃいます。

心配性や神経質といった性格と誤解されることも多いですが、不安や心配が頭から離れず、仕事や学業、家事などに専念することができなくなってしまうなど、日常生活をむしばんでいく病気です。

ある程度の不安は誰にでもありますが、全般性不安障害では明らかに過剰です。性格と片付けるのではなく、治療を必要とする病気です。

それでは全般性不安障害は、どのような原因で発症するのでしょうか?ここでは、全般性不安障害の原因について詳しくお伝えしていきます。


全般性不安障害をセルフチェックする4つのステップと心理検査

2016.7.9 全般性不安障害

全般性不安障害とは、日常生活の様々なことに対して過剰な心配や不安をしてしまう病気です。

全般性不安障害の中心症状は慢性的な不安になるのですが、これは多くの病気で見られる症状です。このため全般性不安障害は、病気としての考え方がハッキリとしていません。

このため診断基準も改訂とともに変化している病気です。最新の診断基準であるDSM-Ⅴも、草案の段階ではいろいろと改訂が検討されていましたが、結局大きな変更は行われませんでした。このような病気なので、医師によっても診断がバラバラになりやすい病気です。

全般性不安障害かどうか診断する目的は、「病的な不安と考えて治療をしていくこと」にあります。

「私は不安が強すぎるかもしれない」と悩まれていたとしても、いきなり精神科や心療内科を受診するのは躊躇ってしまうかと思います。ここではそのような方が、全般性不安障害と診断するべき「病的な不安」かどうか、セルフチェックできるように試みました。

最近改訂されたばかりのアメリカの診断基準(DSM‐Ⅴとその草案)をもとに、順序立てて全般性不安障害かどうかをチェックしていきましょう。そして最後に、全般性不安障害の診断に役立つ心理検査をご紹介していきます。ひとりでも多くの方の気づきになればと思います。


全般性不安障害(GAD)の診断基準と実際の診断の流れ

2016.7.7 全般性不安障害

全般性不安障害(GAD)とは、日常生活での様々なことに過剰に不安や心配になってしまう病気です。

そのせいで睡眠障害や集中力低下などの精神症状、身体の緊張や自律神経症状などから、生活に支障がでてしまって本来の活動が妨げられてしまいます。

全般性不安障害は慢性的な不安や心配の病気ということになりますが、これは他の様々な病気でもみられるため、病気としての輪郭がはっきりとしないのです。このため診断基準としても、まだまだ定まっていない病気になります。

このため医師の考え方も様々で、全般性不安障害は複数の医師での診断一致率がもっとも低い病気ともいわれています。

さらに全般性不安障害の患者さんは、診断していくにも工夫が必要です。1を質問したら10以上となって返ってくるのが全般性不安障害の患者さんです。

ここでは、全般性不安障害(GAD)の診断基準をご紹介し、実際にはどのように診断していくのかをみていきましょう。


全般性不安障害の症状とは?心配性や神経質との違いとは?

2016.7.4 全般性不安障害

全般性不安障害とは、日常生活でのさまざまな出来事に対して、過剰に不安や心配をしてしまう病気です。

このように、全般性不安障害の中心症状は「不安」と「心配」です。しかしながら不安や心配のない人なんていませんよね。どこからが過剰で、どこまでが正常なのかが分かりづらい病気なのです。

他の人よりも色々なことを気になる人のことを「心配性」や「神経質」といったりするかと思います。全般性不安障害の患者さんは、本人も周りも「性格の問題」と片付けてしまうことが少なくないのです。

しかしながら全般性不安障害は、不安や心配が慢性的に持続し、ストレスから身体症状や精神症状が生じる病気です。とりとめもない不安や心配に絶えず悩まされているので、非常につらい病気です。

全般性不安障害の患者さんは、このような慢性的な経過の中で様々な精神疾患を合併します。ですから、全般性不安障害の症状を知って、早くから治療につながることが大切です。

ここでは、全般性不安障害の症状について詳しくお伝えしていきたいと思います。


あなたの心配性は「心配症」?治療が必要な心配性のチェック

2016.7.3 全般性不安障害

「ちょっとしたことが気になってしまう」
「心配になったら頭から離れなくなってしまう」
「心配のあまりにやるべきことが手につかない」

こういった傾向の方は、自分は心配性だと少なからず自覚していることと思います。ですが心配性は、性格と思っている方がとても多いです。

心配性の方は、「昔から細かなことが気になる性格だった」ということが多いです。心配性自体は悪いものではなく、細やかさは生きていく上でのプラスにもなります。

しかしながら心配性の方の中には、「心配症」といってもよい病的な不安や心配にとらわれていることがあります。本人は性格と思っているので、病気で治療が必要とまでは思っていないことが多いです。

慢性的な不安が持続する病気として、全般性不安障害があります。心配性と思っている方の中には、この全般性不安障害と診断して「心配症」の治療をした方がよい方もいらっしゃいます。

ここでは、あなたが治療が必要な「心配症」かどうか、一緒にチェックしていきたいと思います。