ルボックス錠の効果と特徴

2016.11.21 ルボックス・デプロメール

ルボックス錠は、1999年に日本で初めて発売されたSSRIです。共同開発していたMeiji Seikaファルマ社から、デプロメール錠としてまったく同じ成分で発売されています。

SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるお薬で、セロトニンだけを増加させるように作られたお薬になります。このため従来の抗うつ剤と比べて、副作用が大きく減りました。

それまでは三環系・四環系抗うつ薬といった副作用が多い抗うつ薬しかなかったので、とても画期的なお薬でした。現在でもルボックスは有効なお薬で、様々な疾患で使われています。

ルボックスにはどのような効果や特徴があるのでしょうか?
どんな方に向いているのでしょうか?

ここでは他の抗うつ剤とも比較しながら、お伝えしていきたいと思います。


デプロメール錠の効果と特徴

2016.11.9 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、1999年に日本で初めて発売されたSSRIです。共同開発していたアッビィ合同会社から、ルボックス錠としてまったく同じ成分で発売されています。

SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるお薬のことで、セロトニンだけを増加させるように作られたお薬になります。このため、従来の抗うつ剤と比べて、副作用が大きく減りました。

それまでは三環系・四環系抗うつ薬といった抗うつ剤が使われていましたが、副作用が多いことがネックになっていました。このためデプロメールは、とても画期的なお薬でした。現在でもデプロメールは有効なお薬で、様々な疾患で使われています。

現在ではデプロメール以外にも、様々な新しい抗うつ剤が発売されています。その中でも、あえてデプロメールを使っていくこともあります。デプロメールには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、他の抗うつ剤とも比較しながら、お伝えしていきたいと思います。


デプロメール錠25mg・50mg・75mgの薬価と使い分け

2015.9.30 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、1999年に発売されたSSRIと呼ばれる抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

デプロメールの錠剤としては、25mg・50mg・75mgの3つの規格が発売されています。まずは25~50mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、デプロメール錠25mg・50mg・75mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デプロメールの効果について詳しく知りたい方は、
デプロメール錠の効果と特徴
をお読みください。


ルボックスの副作用(対策と比較)

2015.7.27 ルボックス・デプロメール

ルボックスは、全体的には副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。ルボックスではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、ルボックスの副作用を中心に、私自身も試しに2か月服用したことがあるので、その実感もふまえてお伝えしていきたいと思います。


ルボックスの眠気と7つの対策

2015.7.26 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ルボックスは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、ルボックスの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


ルボックスは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.25 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬を処方するとき、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。ルボックスは、どちらかというと太りやすくなる傾向がありますが、他の抗うつ剤と比べるとましです。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、ルボックスが太りやすい理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


ルボックスの減薬・断薬の方法

2015.7.24 ルボックス・デプロメール

ルボックスをやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。ルボックスを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、ルボックスを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、ルボックスの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


ルボックスの離脱症状と5つの対策

2015.7.23 ルボックス・デプロメール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ルボックスは、SSRIの中でも離脱症状が起こりやすいので注意が必要です。

ここでは、ルボックスで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


ルボックス/デプロメールとジェネリックの違いとは?

2015.7.21 ルボックス・デプロメール

ルボックス/デプロメールはSSRIが日本でも発売されるようになってすぐの1999年に発売されたお薬です。

すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてのフルボキサミンも発売されました。

それでは、ルボックス/デプロメールとジェネリック(フルボキサミン)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


フルボキサミンの副作用(対策と比較)

2015.7.20 ルボックス・デプロメール

ルボックス/デプロメールは、SSRIが日本でも発売されるようになってすぐの1999年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてのフルボキサミンも発売されました。

フルボキサミンは、SSRIの中ではマイルドなお薬ですので、比較的使いやすい薬です。吐き気や下痢の副作用は多いものの、薬を中止しなければならないほどのことは少ないです。

ここでは、フルボキサミンの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


フルボキサミン錠の効果と特徴

2015.7.19 ルボックス・デプロメール

フルボキサミンは、ルボックス/デプロメールとして発売されているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一般名(成分名)になります。

ルボックス/デプロメールは、1999年に発売されたお薬になります。すでに発売から年月もたっていますので、2010年からジェネリック医薬品としてフルボキサミン錠が発売となりました。

フルボキサミンはSSRIの中でもマイルドな働きをするので、上手に使うことで、とても有効なおくすりです。ここでは、フルボキサミン錠の効果と特徴について見ていきたいと思います。


ルボックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.11 ルボックス・デプロメール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がルボックスに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


デプロメールの吐き気・下痢と4つの対策

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

デプロメールを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。これはセロトニンを増やす効果が強いSSRIによくみられる副作用で、特にデプロメールではよく認められます。お薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多いです。

ここでは、デプロメールによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


デプロメールの半減期からわかること

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、デプロメールでは8.9時間です。

ここでは、SSRIであるデプロメールの半減期について考えていきましょう。


デプロメールの妊娠と授乳への影響とは?

2015.7.5 ルボックス・デプロメール

デプロメールはすぐにやめることもできない薬ですので、女性の方は妊娠や授乳への影響を心配をされる方も多いと思います。予想外の妊娠がわかって慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

デプロメールは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?
飲みながら授乳しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなデプロメールの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


デプロメールとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がデプロメールに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


デプロメールの減薬・断薬の方法

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、抗うつ剤の中では多少やめにくいお薬です。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。デプロメールを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、デプロメールを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、デプロメールの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


デプロメールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.4 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。デプロメールは、どちらかというと太りやすくなる傾向がありますが、他の抗うつ剤と比べるとましです。ですから、ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、デプロメールが太りやすい理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


デプロメールの眠気と7つの対策

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

デプロメールは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、デプロメールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


デプロメールの離脱症状と5つの対策

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。デプロメールは、SSRIの中では離脱症状が起こりやすいです。薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、デプロメールの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


デプロメールの副作用(対策と比較)

2015.7.3 ルボックス・デプロメール

デプロメールは、全体的には副作用の少ないお薬ですが、ある程度は避けることができません。デプロメールではどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、デプロメールの副作用を中心に、私自身も試しに2か月服用したことがあるので、その実感もふまえてお伝えしていきたいと思います。