アルコールの乱用とは?間違った飲酒への対処法と治療法

2016.10.29 その他のアルコールの問題
Pocket
LINEで送る

アルコールは、うまく付き合えれば人生に楽しみや広がりを与えてくれます。しかしながら、お酒はコントロールを失ってしまい、心身に有害な影響をもたらすことが少なくありません。

アルコールは依存しやすい物質で、アルコール依存症という言葉は皆さんもお聞きになったことがあるかと思います。アルコール依存症とまでいかなくても、アルコールを不適切に使用してしまうことがあります。これをアルコール乱用といいます。

アルコールの乱用とは、飲酒をすると周囲にトラブルがあるのにも関わらず、飲酒をしてしまうことです。結果的に本人にデメリットがあっても、なかなかやめられなかったりします。本人がアルコールの問題を認められないこともあり、このような場合はアルコール依存症に高率に移行していきます。

このようにアルコールの不適切な使用は、非常に深刻な問題を生じます。アルコールの乱用はどのように改善していけばよいのでしょうか。ここでは、アルコール乱用についてみていき、間違ったお酒の飲み方の対処法を考えていきたいと思います。


普通の酔いと悪酔いの違いとは?単純酩酊と異常酩酊

2016.10.28 その他のアルコールの問題
Pocket
LINEで送る

お酒を飲んでいるときに普段と違う行動をしてしまったり、心にもないことを言ってしまって後悔してしまったことってありませんか?

お酒を飲むと抑制がはずれて、本来の自分では考えられないことをしてしまうこともあります。その状態を、酩酊状態といいます。

お酒の量が増えるにつれてアルコール血中濃度が高くなっていき、少しずつ酔っていくのを単純酩酊といいます。いわゆる、普通の酔い方です。

それに対して、人格が変わってしまったかのように暴れてしまう複雑酩酊、幻覚や妄想などに伴って激しく興奮してしまうような病的酩酊といった異常酩酊がみられることがあります。いわゆる、悪酔いになります。

ここでは、お酒の酔い方の違いについて詳しくお伝えしていきます。


急性アルコール中毒の症状と治療・対処法

2016.10.26 その他のアルコールの問題
Pocket
LINEで送る

急性アルコール中毒という病気は、皆さんもご存知かと思います。

お酒の一気飲みは危険ということは周知され、お酒が強要されるケースは少しずつ減っては来ています。ですが、「お酒が強いのはカッコいい」といった見栄もあり、雰囲気から一気飲みをしてしまうこともあります。

これは非常に危険な行為であるということを認識してください。毎年注意喚起されているにもかかわらず、急性アルコール中毒で病院に運ばれてくる方は少なくありません。ときには、命を落とす事故もあります。

ここでは、急性アルコール中毒の症状と、対処法と治療法について詳しくお伝えしていきます。