睡眠薬・鎮痛剤・下剤の3つの薬剤が乱用されやすい理由

2016.11.6 その他の物質関連障害
Pocket
LINEで送る

病気になってしまったり、つらい症状があるときに、お薬を服用すると楽になるかと思います。お薬は必要なときに服用して、必要がなくなれば服用しないのが一般的でしょう。

お薬には用法・用量が定められていて、臨床試験などを経て適切な用量や用法が決められています。効果と副作用のバランスを見ながら、最適な量が決められているのです。

ですが人によっては、お薬を用法や用量を守らずに服用してしまうことがあります。過剰に服用してしまったり、本来の使い方とは異なる用途で使ってしまいます。

このようなお薬の使い方を、「乱用」といいます。乱用を起こしやすいお薬としては、身近なものとして睡眠薬・鎮痛剤・下剤の3つがあげられます。

ここでは、乱用されやすい3つの薬剤についてみていきたいと思います。どうして乱用されやすいのか、そして乱用するとどのような影響があるのかをみていきましょう。


カフェインのとりすぎは危険?カフェイン中毒とカフェイン離脱症状

2016.11.6 その他の物質関連障害
Pocket
LINEで送る

コーヒーに多く含まれている物質として知られているカフェイン。コーヒーだけでなく、様々な飲み物や食べ物にカフェインは含まれています。

最近はカフェインオフの商品なども販売されており、カフェインのとりすぎは良くないことという認識がされつつあります。しかしながら、常にコーヒーを手放せないという人も少なくないかと思います。

カフェインは、覚醒作用のある物質として知られているかと思います。カフェインをとったら頭がさえるといった目的で、仕事や勉強の友に意識的に飲まれることもありますね。カフェインにはそれ以外にも、様々な作用があります。ときにカフェインをとりすぎると、中毒症状が認められることがあります。

カフェインは身近にありふれたものですから、ついつい取りすぎてしまいがちです。毎日コーヒーをたくさん飲んでいる人は、カフェインがきれることで心身の変調をきたしてしまうこともあります。

カフェインのとりすぎはどのような危険があるのでしょうか?ここでは、カフェイン中毒やカフェイン離脱症状についてお伝えしていきたいと思います。