気分循環性障害を克服していく治療法とは?

2015.7.1 気分循環症/気分循環性障害

気分循環性障害とは、気分が不安定で波がある病気です。

調子がよい時はうまく物事が進むのですが、気分が不安定に変化してしまうために、長い目で見たら仕事や家庭生活が上手くいかなくなってしまいます。性格と思ってしまう方も多く、なかなか治療には結び付きにくいです。

しかしながら、気分循環性障害では双極性障害に発展することも多く、気分の波とはうまく付き合っていかなければいけません。

ここでは、気分循環性障害の治療についてみていきたいと思います。


気分循環性障害はどのように診断されるのか

2015.6.30 気分循環症/気分循環性障害

気分循環性障害とは、気分が不安定で、軽いうつと躁の状態をいったりきたりする病気です。

本人がなかなか自覚しにくい病気で、生きづらさを抱えているのですが、自分の性格のせいだと思いこんでしまいます。うまくいく時期もあるのですが、気分の変化に振り回されて、安定した仕事や家庭生活を過ごせないことがあります。

どのようにして気分循環性障害の診断につなげていけばよいのでしょうか?ここでは、気分循環性障害の診断について考えていきたいと思います。


気分循環性障害とは?気分循環性障害の症状と原因

2015.6.29 気分循環症/気分循環性障害

「気分で人がかわる」と思われている人の中には、気分循環性障害の方もいらっしゃるかもしれません。

気分の浮き沈みは誰しもあるものです。ですが、その波が大きすぎてしまうと、とても生きづらくなってしまいます。

しかしながら気分循環性障害は、本人も周囲も病気とは感がないことがほとんどです。本人は感情的になりやすい性格だと思い込み、周囲からは「感情の起伏が激しい」「気難しい」と誤解されてしまいます。

ここでは、あまり知られていない気分循環性障害の症状・原因・診断について考えていきたいと思います。