赤面症の治し方とは?赤面症を克服する5つの治療ステップ

2016.4.19 社会不安障害/社交不安障害

緊張すると顔が赤くなってしまうことがあると思います。少なからず誰しもあることなのですが、この赤面に悩んでいる方もいます。

女性であれば「恥じらい」や「かわいい」といったように、好意的に周りからは評価されることもあります。ですが当の本人には非常に大きな苦しみです。そのせいで人と接するのを避けてしまって、引きこもりがちになってしまうこともあります。

このような病気を一般的に赤面症と呼んでいます。正式な病名としては、社交不安障害となります。赤面症は、治療することでよくなっていく病気です。ここでは、赤面症の治し方をみていき、どのようにすれば赤面症を克服できるのかを考えていきましょう。


赤面症(赤面恐怖症)にみられる症状と原因とは?

2016.4.15 社会不安障害/社交不安障害

恥かしい思いをしたり、緊張した場面になると、顔が赤くなってしまうことがあると思います。これは誰もが経験していることで、緊張状態におこる自然な身体の反応です。

顔が赤くなることを「赤面」といいますが、ときには「かわいい」「謙虚」などとして周囲からは好意的にみられることもあります。

しかしながら本人としては、「顔が赤くなってしまったらどうしよう」と、悩みを強く抱えている方もいます。「緊張していることが相手に伝わりたくない」、「バレたくない」という思いから、ますます赤面が酷くなってしまいます。

赤面することに強い苦痛を感じていたり、そのせいで人と接するのを避けるなどと生活に影響を及ぼしているのでしたら、病気として治療していく必要があります。

世間一般では赤面症(赤面恐怖症)と呼びますが、正式な病名としては社交不安障害(社会不安障害)と診断されます。

赤面症はどのような原因で生じるものなのでしょうか。何が原因で赤面症がひどくなっていくのでしょうか?ここでは、赤面症の原因についてみていきたいと思います。


あがり症を克服する治療法

2016.4.8 社会不安障害/社交不安障害

あがり症は、人前で緊張してしまって自分の本来の力を発揮できないことを一般的にいっています。しかしながら正式な病名ではなく、世間一般での呼び方になります。

診断基準に照らし合わせてみると、社交不安障害のパフォーマンス限局型に分類されることが多いと思います。社交不安障害(社会不安障害)は、他人から注目されるときに過度な不安や緊張に襲われる病気です。普段はなんともないのですが、他人から注目を浴びる状況(パフォーマンス時)を苦手とするタイプになります。

あがり症の方は、「自分は緊張しいなんだ」「自分がビビりなだけだ」などといって、性格と思い込んでしまっている方も多いです。しかしながらあがり症は、治療をすることで改善が出来る病気です。

あがり症によって自分が本当はしたいことができないで苦しんでいる方は、ぜひ治療への一歩を踏み出していただきたいのです。すぐに治療してよくなるというものではありませんが、薬物療法と精神療法を組み合わせていくことで克服できる病気です。

あがり症を克服できれば、世界が開けて生き方がかわります。ここでは、あがり症の治療法について詳しくお伝えしていきたいと思います。


あがり症に有効な薬とは?あがり症の薬物療法

2016.4.6 社会不安障害/社交不安障害

あがり症という病気は、世間で一般的に言われている病名です。人前で過度に緊張してしまって困っていることをいいますが、正式な病名ではありません。

困って病院にいくと、その多くの方が社交不安障害パフォーマンス限局型と診断されると思います。社交不安障害とは、人から注目されるような状況で過剰に不安や恐怖に襲われる病気です。

その症状の程度には幅があるのですが、日常生活を普通に過ごしている分には大丈夫で、誰もが緊張してもおかしくない場面(パフォーマンス)で緊張しすぎてしまう状態を「あがり症」と一般的によんでいます。

あがり症は生活に支障があるならば治療をしていった方がよいです。あがり症の治療としては、薬物療法と精神療法を組み合わせて行っていきます。どちらの治療も有効性がしっかりと示されていて、上手く組み合わせながら治療をしていくのが理想的です。

私自身も、いわゆる「あがり症」で悩んでいて、薬物療法によって治療を行ってきた経験があります。もちろん精神科医として、何人ものあがり症の患者さんとも治療を重ねてきました。

その経験も踏まえて、ここではあがり症(社交不安障害パフォーマンス限局型)に有効な薬にはどのようなものがあるのか、お伝えしていきたいと思います。


あがり症かどうかチェックする4つのステップ

2016.4.3 社会不安障害/社交不安障害

あがり症とは、人前で過度に「あがって」しまって、自分の本来の力をはっきできないことをいいます。正式な病名というわけではなく、世間で言われている病名です。診断基準でみてみると、社交不安障害パフォーマンス限局型に該当する方が多いでしょう。

あがり症といっても、その症状の程度は様々です。大勢の前での発表の時だけ思い通りにできない方から、授業中に当てられるだけで緊張してしまう方まで様々です。あがり症を性格と考えてしまっている方も多いです。

あがり症の中には、病気として治療した方がよい方もいらっしゃいます。あがり症を克服することで、その人の生き方も変わるのです。

ここでは、社交不安障害のアメリカでの診断基準(DSM‐Ⅴ)をもとに、あがり症を順序立ててチェックできるようにしたいと思います。ひとりでも多くの方の気づきになれば幸いです。


あがり症の症状にはどのようなものがあるか

2016.4.2 社会不安障害/社交不安障害

「自分はあがり症では?」と悩んでいる方も多いと思います。

そんな悩みを、病気というよりは性格と考えている方も多いでしょう。人前で緊張するのは当たり前ですし、緊張するから準備したり慎重になれるのです。しかしながら本来の自分を出せなくなってしまっているとしたら、病気として治療をした方がよいのです。

あがり症は自分の性格のせいだろうと思い込んでしまうので、長く苦しみ悩んでいる方もいらっしゃいます。10代に発症することが多く、その後の人生に影響してしまうこともあります。

ここではあがり症の代表的な症状をお伝えしていき、どのような状況やシチュエーションで症状があらわれるのかを見ていきましょう。


あがり症にはどのような原因があるのか

2016.4.1 社会不安障害/社交不安障害

人前に出た時に過度に緊張してしまう方は、自分をあがり症だと感じている方が多いと思います。病気というよりは、性格と考えている方も多いと思いのではないでしょうか?

あがり症にも程度がありますが、過度に緊張してしまって本来の自分の生き方をできていない時は、病気と考えて治療をした方がよいです。

あがり症は正式な病名ではなく、診断基準に当てはめるのならば社交不安障害パフォーマンス限局型になるかと思います。社交不安障害(あがり症)は、人の注目を浴びるかもしれない時に、過度に恐怖をいだく心の病です。

あがり症、すなわち社交不安障害パフォーマンス限局型では、どのようなことが原因となるのでしょうか?ここでは、現在考えられているあがり症の原因について、ご紹介していきたいと思います。


社会不安障害(社交不安障害)を克服する治療法

2016.3.24 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)は、他人から注目されるときに過度な不安や緊張に襲われる病気です。

「自分は緊張しいなんだ」「自分がビビりなだけだ」などといって、性格と思い込んでしまっている方も多いです。社会不安障害は幼少期や思春期から発症することが多く、その後の人生の選択に影響を与えてしまう病気なのです。

ですからなるべく早く社会不安障害という病気に気づき、そして治療への第一歩を踏み出してほしいのです。社会不安障害はすぐに治療できるものではありませんが、薬物療法と精神療法を組み合わせていくことで克服できる病気です。

社会不安障害を克服できれば、世界が開けて生き方がかわります。ここでは、社会不安障害の治療法について詳しくお伝えしていきたいと思います。


社会不安障害(社交不安障害)に有効な薬とは?

2016.3.17 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)とは、人から注目される状況で過度に不安や恐怖を感じてしまう病気です。そしてそのような状況を避けるようになってしまい、ひどい場合には不登校や引きこもりに発展してしまいます。

社会不安障害の治療としては、薬物療法と精神療法が行われます。どちらの治療も有効性が示されていて、上手く組み合わせながら治療を行っていきます。

社会不安障害には、薬物療法の効果がみられることが多いです。私自身もパフォーマンス恐怖とよばれる社会不安障害限局型を薬物療法を中心に治療をしています。

その経験も踏まえて、ここでは社会不安障害(社交不安障害)に有効な薬にはどのようなものがあるのか、お伝えしていきたいと思います。


社会不安障害(社交不安障害)での仕事の選び方と対策

2016.3.13 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)は、他人から注目されるときに過度な不安や緊張に襲われる心の病です。

社会不安障害は幼少期や思春期から発症することが多く、進学やアルバイト、就職活動の時点で影響がある病気なのです。そして実際に仕事を始めると、会議やプレゼン、客先での営業や接客、仕事のための会食や接待など、さまざまな場面で悩まされるのです。

社会不安障害にも程度に差があり、まったく人付き合いがダメな方から大勢の前だけダメな方まで様々です。

実は私自身も、注目される時だけ過剰な恐怖におそわれるパフォーマンス限局型に悩まされてきました。その上で人生を歩み、治療を経て現在の仕事をしています。

ここでは、私自身の経験も踏まえて、社会不安障害の方の仕事での対処法を考えていきたいと思います。また、職場ではどのようなことができるのか考えてみましょう。

※正式な病名は社交不安障害ですが、世間では社会不安障害として認識されていますので、以下では社会不安障害で表現を統一させていただきます。


社会不安障害の診断基準と実際の診断

2016.3.9 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)は、他人から注目されるときに過度な不安や緊張に襲われる病気です。

その症状の程度は様々で、プレゼンや発表という誰もが緊張するような状況だけを苦手とする方もいれば、人と接すること自体を苦手としてしまう方もいます。

どちらの場合も、苦手な社会的状況にさらされるのは非常に苦痛なので、できるだけ避けるようになってしまいます。これによって、生き方すらも変わってしまう心の病なのです。

社会不安障害の診断は、実はそんなに単純ではありません。統合失調症や発達障害なども念頭に置きながら、症状と経過をみていかなければなりません。ここでは社会不安障害の診断基準と、その診断の実際の流れをご紹介していきたいと思います。


社会不安障害(社交不安障害)をセルフチェックする4つのステップ

2016.3.8 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)とは、人から注目されるときに過度な不安や恐怖を感じる病気です。

人前で緊張したりするのは当たり前のことです。「自分は緊張しやすいだけ」と思い込んでいる方も多いかと思います。しかしながら緊張のあまり避けてしまうことで社会生活に影響してしまうときは、社会不安障害として治療していく必要があります。

とはいっても、いきなり精神科や心療内科を受診するのは躊躇ってしまうのも無理ありません。ここではそのような方が社会不安障害かどうかセルフチェックできるように試みました。

最近改訂されたばかりのアメリカの診断基準(DSM‐Ⅴ)をもとに、順序立てて社会不安障害かどうかをチェックしていただければと思います。ひとりでも多くの方の気づきになれば幸いです。


社会不安障害の症状はどのように発展していくのか

2016.3.7 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)とは、人から悪く思われないか、人に迷惑をかけてしまうのではないかと過度に恐れてしまう心の病です。

人前で緊張したりするのは当たり前ですし、内気な性格自体は悪いことではないのです。しかしながら、社会生活に影響するほどの症状がみられるときは、社会不安障害として治療していくことが大事です。

社会不安障害は、自分の性格のせいだろうと思い込んで、長く苦しみ悩んでいる方もいらっしゃいます。10代前半に発症することが多く、その後の人生に影響してしまうこともあります。

ここでは社会不安障害の代表的な症状をお伝えしていき、どのような状況やシチュエーションで症状があらわれるのかを見ていきましょう。


社会不安障害(社交不安障害)の原因とは?

2016.3.6 社会不安障害/社交不安障害

社会不安障害(社交不安障害)は、人の注目を浴びるかもしれない時に、過度に恐怖をいだく心の病です。

最近は精神科の敷居もかなり下がってきましたので、社会不安障害という病気の認識も広まってきました。ですから精神科や心療内科で社会不安障害の治療をされる方も増えてきています。

その症状の程度は、プレゼンや発表などの時だけに緊張してしまう方から、あらゆる人との接触を避けてしまうような方まで多岐にわたります。

社会不安障害につながる原因としてはどのようなものがあるでしょうか?現在考えられている社会不安障害の原因について、ご紹介していきたいと思います。