安定剤リーゼ錠の効果・効能

2016.12.3 リーゼ

リーゼ錠は、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

リーゼ錠の特徴は、その副作用の少なさにあります。そのかわりに効果もマイルドなのですが、安全性の高さから高齢者などにもよく使われる抗不安薬になります。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用に注意しなければいけません。リーゼは副作用が少ないといっても、まったくこのような副作用がないわけではありません。

ここでは、リーゼ錠の効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にリーゼ錠が向いているのかを考えていきましょう。


リーゼの半減期と効果時間

2015.10.7 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しい抗不安薬です。軽度の不安感や緊張感がある時に、よく使われるお薬です。リーゼの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

リーゼは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が6時間です。リーゼは即効性が期待でき、作用時間は短いです。このため、不安がある時に頓服として使うこともあります。リーゼの効果時間は3~6時間ほどなので、1日中効果を期待したいときは1日3回服用をしていきます。

ここでは、リーゼの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


クロチアゼパムの副作用(対策と比較)

2015.9.23 リーゼ

クロチアゼパムは、作用の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬リーゼのジェネリックです。

抗不安作用はそこまで強くありませんが、筋弛緩作用や催眠作用も穏やかなので副作用が少ないです。作用の穏やかなため、抗不安薬にはつきものの依存性は弱いです。

ここでは、クロチアゼパムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


クロチアゼパム錠の効果・効能

2015.9.23 リーゼ

クロチアゼパムは、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬リーゼのジェネリックです。クロチアゼパム「サワイ」・「トーワ」・「日医工」などが発売されています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用に注意しなければいけません。

クロチアゼパムは効果がマイルドで、その分副作用も少ないです。安全性の高さから、よく使われる抗不安薬です。ここでは、クロチアゼパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にクロチアゼパムが向いているのかを考えていきましょう。


リーゼ錠5mg・10mgの薬価と実際の使い方

2015.9.18 リーゼ

リーゼは良くも悪くも効果の優しい抗不安薬で、軽度の不安感や緊張感のある方によく使われます。副作用や依存性が少ないために、安全性の高い抗不安薬です。

リーゼの錠剤としては、5mg・10mgの規格が発売されています。顆粒も発売されていますが、錠剤で使われていることがほとんどでしょう。リーゼは、頓服として使われることも常用薬として使われることもあります。ここでは、リーゼ錠5mg・10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リーゼの効果について詳しく知りたい方は、
安定剤リーゼ錠の効果と効能
をお読みください。


リーゼとジェネリックの違いとは?

2015.9.18 リーゼ

リーゼは1978年に発売されたので、40年近くの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

リーゼのジェネリックは、以前は「イソクリン」をはじめとして様々な商品名のお薬がありました。現在は「クロチアゼパム」という一般名(成分名)に統一されつつあります。クロチアゼパム「サワイ」、クロチアゼパム「トーワ」、クロチアゼパム「日医工」などが発売されています。

それでは、先発品のリーゼとジェネリック(クロチアゼパム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


リーゼの依存性と7つの対策

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。軽度の不安感や緊張感を抑えるためによく使われています。

効果が優しいので、「効いた」という実感はそこまでない抗不安薬です。このため、抗不安薬の中ではリーゼの依存性は「低い」です。とはいっても依存しないわけではありません。リーゼを長期服用して依存してしまうと、離脱症状でリーゼをやめられなくなることもあります。

ここでは、リーゼの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


リーゼの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がそこまでないので、依存することは多くはありません。作用が穏やかなので、身体が薬に慣れることも少ないお薬です。とはいっても、リーゼを長期間にわたって服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にリーゼが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。リーゼでは離脱症状は少ないものの、認められないわけではありません。ここでは、リーゼによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


リーゼの眠気と5つの対策

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。リーゼは抗不安作用は「弱い」ので、催眠作用も弱いお薬です。とはいっても、まったくないわけではないので注意が必要です。

ここでは、リーゼの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


リーゼの副作用(対策と比較)

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、作用の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安作用はそこまで強くありませんが、筋弛緩作用や催眠作用も穏やかなので副作用が少ないです。作用の穏やかなため、抗不安薬にはつきものの依存性は弱いです。

ここでは、リーゼで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。