レンドルミン錠の効果と強さ

2016.1.15 レンドルミン

レンドルミンは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。

1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもあまりないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。

このためレンドルミンは、バランスがよい睡眠薬といえます。標準的な睡眠薬として、広く使われてきました。最近では新しい睡眠薬が発売されていますが、現在でもよく処方されています。

ここでは、レンドルミンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


レンデム錠の効果と副作用

2015.9.10 レンドルミン

レンデムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

レンデムは、2012年からブロチゾラム「サワイ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

レンデムは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、レンデムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ロンフルマン錠(ブロチゾラム錠「オーハラ」)の効果と副作用

2015.9.9 レンドルミン

ロンフルマンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ロンフルマンは、2013年からブロチゾラム錠「オーハラ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

ロンフルマンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ロンフルマンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


レドルパー錠(ブロチゾラム錠「オーハラ」)の効果と副作用

2015.9.8 レンドルミン

レドルパーは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

レドルパーは、2013年からブロチゾラム錠「オーハラ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

レドルパーは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、レドルパーの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ゼストロミン錠(ブロチゾラム錠「トーワ」)の効果と副作用

2015.9.7 レンドルミン

ゼストロミンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ゼストロミンは、2013年からブロチゾラム錠「トーワ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

ゼストロミンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ゼストロミンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ブロチゾラム錠0.25mgの薬価と実際の使い方

2015.9.6 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは使い勝手がよく、広く処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

レンドルミンの錠剤としては0.25mgの規格しか発売されていません。ブロチゾラムのみ0.125mg錠も発売されています。ここでは、ブロチゾラム錠0.25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ブロチゾラムの効果について詳しく知りたい方は、
ブロチゾラム錠の効果と強さ
をお読みください。


レンドルミンのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.5 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害にも中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。しっかりと効果がある睡眠薬だからこそ、レンドルミンをやめられなくなってしまいます。「飲んでて眠れるならばまぁいいや・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

レンドルミンにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。レンドルミンを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、レンドルミンの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ノクスタール錠の効果と副作用

2015.8.17 レンドルミン

ノクスタールは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ノクスタールは今でも発売されているジェネリックです。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムに名称を統一しようという流れがあります。いずれ変更されるかもしれませんね。

ノクスタールは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ノクスタールの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ソレントミン錠の効果と副作用

2015.8.17 レンドルミン

ソレントミンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ソレントミンは今でも発売されているジェネリックです。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムに名称を統一しようという流れがあります。いずれ変更されるかもしれませんね。

ソレントミンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ソレントミンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


グッドミンの副作用(対策と比較)

2015.8.17 レンドルミン

グッドミンは、もっともよく処方されるレンドルミンのジェネリックです。レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。発売からしばらくたっているので、ジェネリックも発売されています。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、グッドミンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ブロチゾラムの副作用(対策と比較)

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムは、もっともよく処方されるレンドルミンのジェネリックです。レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。発売からしばらくたっているので、ジェネリックも発売されています。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、ブロチゾラムの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


グッドミン錠の効果と強さ

2015.8.17 レンドルミン

グッドミンはレンドルミンのジェネリックです。

グッドミンは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもそこまでないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。グッドミンはバランスがよい睡眠薬といえます。

ここでは、グッドミンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ブロチゾラム錠の効果と強さ

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもそこまでないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。ブロチゾラムはバランスがよい睡眠薬といえます。

ここでは、ブロチゾラムの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ブロチゾラムOD錠の薬価と実際の使い方

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは、ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。入眠障害だけでなく中途覚醒にも効果があるので、使い勝手のよさから広く処方されています。

よく処方されている睡眠薬なので少しでも飲みやすくするために、ブロチゾラムOD錠が2009年から発売されました。ブロチゾラム錠とブロチゾラムOD錠ではどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミン錠0.25mgの薬価と実際の使い方

2015.8.17 レンドルミン

レンドルミンは使い勝手がよく、広く処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

レンドルミンの錠剤としては0.25mgの規格しか発売されていません。ジェネリックのみ0.125mg錠が発売されています。まずは0.25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レンドルミン錠0.25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レンドルミンの効果について詳しく知りたい方は、
レンドルミンの効果と強さ
をお読みください。


レンドルミンD錠の薬価と実際の使い方

2015.8.16 レンドルミン

 レンドルミンは、ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。入眠障害だけでなく中途覚醒にも効果があるので、使い勝手のよさから広く処方されています。

よく処方されている睡眠薬なので少しでも飲みやすくするために、レンドルミンD錠が2002年から発売されました。レンドルミン錠とレンドルミンD錠ではどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミンとジェネリックの違いとは?

2015.8.16 レンドルミン

レンドルミンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。グッドミン、ソレントミン、ノクスタール、ブロメトン、ブロチゾラムなど、実に様々なジェネリック医薬品が発売されています。

紛らわしさをなくすために、現在は一般名(成分名)でもある「ブロチゾラム」に統一されつつあり、レドルパー、ロンフルマン、レンデム、ゼストロミン、ネストローム、アムネゾン、ブロゾーム、ユリモランなどはブロチゾラムに名称変更されています。

先発品のレンドルミンとジェネリック(ブロチゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


レンドルミンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.16 レンドルミン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、レンドルミンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


レンドルミンの半減期からわかること

2015.8.16 レンドルミン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

レンドルミンの半減期は7時間で、短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、レンドルミンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


レンドルミンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.16 レンドルミン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもレンドルミンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてレンドルミンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がレンドルミンに及ぼす影響を考えていきましょう。


レンドルミンの作用時間とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害や中途覚醒を改善する睡眠薬として広く使われています。レンドルミンの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

レンドルミンは最高血中濃度到達時間が1.5時間、半減期が7時間です。レンドルミンの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしています。このようなタイプの睡眠薬としては効果も標準的なので、まず最初に使われることが多いです。

ここでは、レンドルミンの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミンの依存性とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害にも中途覚醒にも効果が期待できるので広く使われています。効果もしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい睡眠薬です。このためレンドルミンも依存性がある睡眠薬です。やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、レンドルミンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


レンドルミンの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にレンドルミンが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、レンドルミンの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることがあります。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、レンドルミンによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミンの副作用(対策と比較)

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。

ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、レンドルミンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。